fc2ブログ

<藤井善仁>の公務員試験対策と「その周辺」 -試験情報分析ブログ-

   ~異床同夢:公務員試験(主要出発点)から<教育再興>(主要終着点)を目指す~

はじめに<自序> の記事一覧

逆転の「時事・社会事情」 財政事情編

2015.05.02 (Sat)
いくつかお問い合わせいただいている

     逆転の「時事・社会事情」 財政事情編

ですが,生講義の残す回は,経済事情編の1回ですが,どなたでも,通信講座で受講していただけます

申込みは コチラ からお申込み下さい.

公務員試験で重要となる時事対策として,また神戸市・特別枠対策として,ご活用下さい.

※ 関西外国語大学で「就職試験 総合対策特講」を受講されている方は,必要ありません.

 <テキストサンプル>
財政事情1財政事情2



財政事情3

財政事情4

以上,よろしくお願い申し上げます.

藤井拝(∵)/
=§=======================<Work Academy>==
 <逆転の時事・社会事情> 財政事情編


 
ゼミバナー

=§=======================<Work Academy>==
スポンサーサイト



<京都学園:太秦> 経済学入門受講者へ

2015.04.22 (Wed)
太秦新キャンパスの新入生も,大学生活に少しずつ慣れてくる頃でしょう.

公務員養成プログラムを履修されている経済経営学部の皆さんにとって,当方が担当する「経済学入門」は,公務員試験の勉強のみならず,今後の学生生活においても重要なコアな科目となりますので,今後も復習をしっかりとしておいて下さい.

本日の講義の確認です.

経済学で最低限必要となる数学知識として,「関数」の概念は必須です.

大学一年生として,一次関数の議論から入ったので,簡単すぎると感じた方もいるでしょうが,当方が今年度,担当する数多くの大学の3年生向けの講座においても,また予備校の講義においても,一次関数から入っていくので,基礎的概念を軽視せず,しっかりと復習をしておいて下さい.

すでに皆さんが正課の講義で学ばれているミクロの弾力性等の概念も,一次関数の傾きの概念を理解することから始まります.

関数が「因果関係」を表すことを念頭に,

  言葉(概念)による理解
  数式による理解
  図解による理解


という3つの理解を常に意識して下さい.

後は,notation(記号)への慣れの問題があるので,次回以降の問題演習を解くことで,自然に記号に慣れるようにして下さい(授業に参加して,問題を解くことでゲームやスポーツと同様,誰でも慣れてきます).

それでは,質問等は遠慮なく,連絡して下さい.

以上,よろしくお願い申し上げます.

P4080895.jpg

藤井拝(∵)/
=§=======================<Work Academy>==

 <逆転の時事・社会事情> 授業内容


 
ゼミバナー

  <販売中>
バナー

  <販売中>
バナー

=§=======================<Work Academy>==

<申込み開始> 逆転の「時事・社会事情」 3/24締切

2015.03.15 (Sun)
=======================================
  講座名
=======================================
 逆転の「時事・社会事情」2015

=======================================
  講座内容
=======================================
思うに,公務員試験で出題される時事系出題の多くは「キーワード」の暗記では対応できないでしょう.

時間がない直前期となれば,「キーワード」の暗記に依存せざるを得ない「事情」もあるでしょうが,本来,その種は時事系出題対策の最大をサポートする訳ではありません.

なぜならば,細分化された時事系出題の底流には共通する「歴史的背景」やそれぞれの領域で共通する「問題」が密接に絡んでいるからです.

本講座では,公務員試験の全職種にわたり出題が予想される時事問題,統計白書データ問題,社会事情問題のポイント解説を通じて,<教養分野>と<専門分野>で必要となる択一対策の総整理を行います.

2014年1月から時系列で

    国内政治編
    国内経済編
    国際情勢編
    社会・社会事情編


の各4項目に関し,「重要ニュースとその解説」のすべての論点に関し,網羅的に解説をしてまいります.

おおよその予定は,以下の通りとなります.

 <講義予定>
第1回~第4回:教養時事
第5回:財政事情(教養受験者も必須)
第6回:経済事情(日本経済と世界経済)

時事79




=======================================
  受講料金
=======================================
<通学> 10,000円
<通信:レジュメ発送なし> 10,000円
<通信:レジュメ発送あり> 11,000円

※ 講座使用レジュメは,動画配信ページにPDFファイルで添付しております.
※ レジュメ発送なしの方は,ご自身で印刷の上,ご受講下さい.

=======================================
  講座申込み方法
=======================================
※ 逆転の「時事・社会事情」の 受講ご希望の方は,

(1)まずは下記の「講座予約フォーム」からご予約下さい.

  講座予約フォーム (クリック)

(2)次に,弊社より申込手続きメイルを送信させていただきます.

講座予約だけでは手続き完了にはなりませんので,ご注意下さい

=======================================
  講座スケジュール等
=======================================
逆転の「時事・社会事情」2

=======================================
  申込み締切日:3/24(火)
=======================================
定員の関係より,生講義のみ,申込みの締切日を設定させていただきます.
 ⇒ 3月24日(火)中にご入金手続きが必要となります.

=======================================
  実施校舎
=======================================
ワークアカデミーあべのハルカス校
(あべのハルカス23階 )

=======================================
  お問い合わせ
=======================================
照会先:ワークアカデミー公務員事業
  komuin@noa-prolab.co.jp

以上,よろしくお願い申し上げます.

藤井拝(∵)/
=§=======================<Work Academy>==

  <販売中>
バナー

  <販売中>
バナー

=§===========================<必勝倶楽部>==

<近畿大学> 無料公開講座:経済学入門教室

2015.02.05 (Thu)
無料公開講座のお知らせです.

明日,2/6に近畿大学の学生を対象に経済学(公務員試験対策)の無料公開講座を実施致します.

<重要>
近畿大学の学生以外の方は参加不可となります.


=======================================
  <近大生限定企画> 無料公開講座:経済学入門教室
=======================================

  日時:2/6(金)10:00~13:10(全3回)

   近大無料講座

経済学を先取りするための講座です.

内容は「経済学のための数学入門」となります.

1月に11月ホールにおいて実施したガイダンスで告知した無料講座となります.
近畿大学の学生で,公務員試験に関心がある方は,是非とも参加して下さい.

教室等は,キャリセンター前に掲示されております.

以上,よろしくお願い申し上げます.

藤井拝(∵)/
=§=======================<Work Academy>==
  <2月中旬販売>
ゼミバナー

  <販売中>
バナー

  <販売中>
バナー

=§===========================<必勝倶楽部>==

「数的処理」に思う費用対効果:硝子の少年少女たち

2015.02.04 (Wed)
実に本日は「立春」である.暦の上では「春」という訳である.

しかし,まだまだ寒さは厳しく,京都市内は,今後も春寒の夜は続くであろう.

今日は午前,追手門学院にて「社会科学」を,午後は京都光華女子大学で「個別面談」をしていた.

各大学によっても,まちまちであろうが,学生にとっては長い,そして公務員受験生にとっては「勝負の」春寒となる春休みに突入する時期である.

「蒔かぬ種は生えぬ」訳であるから,夏場に合格という果実(成果)を希望するのならば,成果によって最も重要な「種」をしっかりと撒いておく必要がある.

思うに,公務員試験で最も範囲が広い科目は「数的処理」という科目であろう.

講師とともに,問題の解法を確認すれば,理解できるが,己単独で解く段となると,式が立てられないことは今の時期でもよくある悩みである.

数的処理が公務員試験で重要科目である点は縷述に及ばないが,時間が限られている受験生としては数的だけに時間をとられるような勉強は控えるようにして下さい(しかし,毎日最低1時間はやる必要がある).

実際に大学で個別面談をしていると,特に警察・消防等の志望者で専門科目を学習していない受験生はとにかく,「数的をやれば合格できる」と考える嫌いがあるが,全体のスコアを上げることを常に意識することが肝要である.

しかしながら,「苦手なことと今まで勉強してこなかった」ことはまったく事情が異なることも事実である.

今までの講師の経験則でいうと,数的処理はできる人は安定して取れるため,絶対的な得点源となることは間違いない.

したがって,ただ単に勉強してこなかっただけの人は決して,捨てるべきではなく,今からでもきちんとやってみるべきであろう(経済もそうである)

得てして苦手苦手という受講生ほど,実は手を付けていないことが往々にしてあることも事実である.

一方,講義で習った日から何ヶ月も毎日勉強して時間をかけてきたが,それでも全く解けないという人は,問題を解いても,次に解くまでに忘れている訳であるから,問題を解き直すまでの間隔を縮める必要があるであろう.

そのためには1日に解く量を増やせばいい訳であるが,時間が限られている忙しい受験生にとっては数的の全分野を回すのを止めることも一案である.

思い切って割り切り,費用対効果の髙い分野を中心に勉強することで一つでも得点できる分野を増やした方が全体のスコアが上がることがある点,理解しておいて下さい.

例えば,「場合の数」,「確率」などは頻出かつワンパターンで比較的,理解にも時間がかからないから,時間を多少割いてでも,こなしていく.

逆に,「速さ」,「濃度」は頻出で本来,取り組まなければ,非常に厳しい現実に直面するが,この時期から時間をかけても,犠牲が大きいことを考慮する必要もあるであろう.

予備校でも,時間をかけた割に,最後までできない人が必ずいる訳で,いくら勉強してもできない人は易しい問題だけやるか他の分野に時間を費やす方が得策であると個人的には考えます.

いずれにしても,今後は,「一般知識」や「時事」等の記憶系の取り組みが剣ヶ峰となるであろう.

洋の東西を問わず,いつの時代でも,受験生は脆く傷つきやすいガラスのハートの持ち主であろう.

苦しい時期ではありますが,「何とか,なる」と信じて進めて下さい.

明日は関西外国語大学にて,本年一発目の「財政学」の講義(10時~17時の集中講義)である.

以上,よろしくお願い申し上げます.

藤井拝(∵)/
=§=======================<Work Academy>==
  <2月中旬販売>
ゼミバナー

  <販売中>
バナー

  <販売中>
バナー

=§===========================<必勝倶楽部>==
 | HOME |  Next »