fc2ブログ

<藤井善仁>の公務員試験対策と「その周辺」 -試験情報分析ブログ-

   ~異床同夢:公務員試験(主要出発点)から<教育再興>(主要終着点)を目指す~

硝子の少年少女たちへ の記事一覧

<質問⇒回答> 硝子の少年少女たちへ #6

2015.05.03 (Sun)
古今東西,いつの時代も受験生というものはガラスのハートの持ち主でしょう(かつて当方もガラスの少年と呼ばれておりました・・・).

受験生であるならば,汗かき,涙を流しながら,結果が出るその日まで戦い続ける日々を経験します(七転八倒,砂噛む想いをすることもあるでしょう).

日々,生講義,面接相談,進路相談をしている「現場の予備校講師」としての経験を「硝子の少年少女たちへ 」というシリーズで書かせていただきます.

ご質問への回答は,あくまで一予備校講師としての見解(個人的的見解)なので,その点ご考慮下さい(当方の予備校講師の経験則より,お答えさせていただきます).

=========================================
  <質問>
 京都府の専門科目で出題される「経済原論」と「経済学」の違いは?

=========================================

先日,京都府の試験概要の記事を書かせていただきました.

http://fujiiyoshito.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

京都府行政・福祉2

京都府の行政 I Aと行政 I(10月)の区分で出題される専門科目は上記の要覧通りとなります.

申込時ではなく,問題をみて,時間内に「総合政策」と「法律」,「経済」の中から1つを選択することになります.

ここで,経済系の科目として,「総合政策」にある経済学11題,「法律」にある経済学5題に対し,「経済」では経済原論18題となっておりますので,経済学と経済原論の違いが不明というご質問であると思います.

結論からいうと,両者の本質的な違いはありません.

つまり,同じ経済理論であるミクロ経済学とマクロ経済学のことを経済学といったり,経済理論と呼びますが,公務員試験では経済原論と呼ばれることが通常です.

京都府が敢えて経済学と経済原論と呼び名を変えているのは,以下の通りとなります.

「総合政策」は,行政系を専門的に学んできた方を対象とし,「法律」は法律系科目を専門的に学んできた方を対象とし,「経済」は,経済学部等で経済理論を専門的に学んできた方を対象としております.

国家総合職や神戸市一般枠のように,受験しやすく配慮した選択制の試験区分にしているので,自ずとその専門領域により,重視する科目の出題数も変わってきます.

   「総合政策」:経済学11題
   「法律」:経済学:5題
   「経済」:経済原論:18題


法学部出身者を想定した選択科目である「法律」は,経済学以外は法律系で占められているように,最低限度の経済学の知識を問う内容の出題となっております.

一方で,「経済」を選択科目とする受験者は総合職(経済区分)で出願するような経済学プロパーの方を想定しております.

したがって,問題数も18題となり,通常の経済学部生が手薄になる法律科目は5題に圧縮されております.

「総合政策」はその中間で行政科目系科目が幅広く出題されます.

では,「経済学」と「経済理論」の違いは何かというと,単に,出題範囲の広さと深さの違いとなります.

すなわち,

   経済原論 > 経済学

ということです.経済原論の出題は,範囲も広く,難度が高い問題も含まれてきますが,経済学は,基礎から標準レベルを対象としているという感じです.

ミクロとマクロが得意な受験生は,細かい論点にも対応可能ですから,経済原論(これはあくまで公務員試験のミクロとマクロであり,総合職・経済区分レベルではない)を選べば問題ありません.

総合職の法律区分で出題される選択科目の「経済学・財政学:6題」も経済区分で出題される必須問題の「経済理論:16題」の一部が出題されております.

※総合職では,京都府が区別している経済原論と経済学を

   経済理論(経済) > 経済学・財政学(法律,政治・国際)

と区別しております.

以上,よろしくお願い申し上げます.

藤井拝(∵)/

P4270845.jpg


=§=======================<Work Academy>==
 <逆転の時事・社会事情> 財政事情編


 
ゼミバナー

=§=======================<Work Academy>==
スポンサーサイト



<質問⇒回答> 硝子の少年少女たちへ #5

2015.03.10 (Tue)
古今東西,いつの時代も受験生というものはガラスのハートの持ち主でしょう(かつて当方もガラスの少年と呼ばれておりました・・・).

受験生であるならば,汗かき,涙を流しながら,結果が出るその日まで戦い続ける日々を経験します(七転八倒,砂噛む想いをすることもあるでしょう).

日々,生講義,面接相談,進路相談をしている「現場の予備校講師」としての経験を「硝子の少年少女たちへ 」というシリーズで書かせていただきます.

ご質問への回答は,あくまで一予備校講師としての見解(個人的的見解)なので,その点ご考慮下さい(当方の予備校講師の経験則より,お答えさせていただきます).

=========================================
  <質問>
先生のブログでみた生駒市の概要をもう少し詳細に教えて下さい.

=========================================

生駒市の第1次試験は「性格検査」と「能力検査」がありますが,まずは「性格検査」を事前に自宅などで受験する必要があります.

その後,受検可能期間のうち,自分の都合の良い日時・会場を予約をすることになります.

後は,「能力検査」を会場で受けることになります.

日程等は余裕を持ち,早めに手続きをしておいて下さい.

例えば,一度でもテストセンターで受検をしたことがある方もいるでしょうが,生駒の第1次試験では直前の結果を利用することはできません.

したがって,民間等で受験した方も必ずテストセンターでの受験手続をする必要があります

昨年同様であれば,第1次試験の結果は,1週間ですから募集要項に記載されている5月中旬は,5/15(金)となると思います.

生駒のような人気自治体で募集が8名程度であるため,受験を逡巡する声も現場で聞かれますが,せっかくの併願できる機会ですから,積極的に挑戦してみて下さい.

以上,よろしくお願い申し上げます.

藤井拝(∵)/
=§=======================<Work Academy>==
 
ゼミバナー

  <販売中>
バナー

  <販売中>
バナー

=§===========================<必勝倶楽部>==

<質問⇒回答> 硝子の少年少女たちへ #4

2015.03.03 (Tue)
古今東西,いつの時代も受験生というものはガラスのハートの持ち主でしょう(かつて当方もガラスの少年と呼ばれておりました・・・).

受験生であるならば,汗かき,涙を流しながら,結果が出るその日まで戦い続ける日々を経験します(七転八倒,砂噛む想いをすることもあるでしょう).

日々,生講義,面接相談,進路相談をしている「現場の予備校講師」としての経験を「硝子の少年少女たちへ 」というシリーズで書かせていただきます.

ご質問への回答は,あくまで一予備校講師としての見解(個人的的見解)なので,その点ご考慮下さい(当方の予備校講師の経験則より,お答えさせていただきます).

=========================================
  <質問>
神戸市の試験は.一般枠と特別枠の試験日が一ヶ月ほど異なります.
ということは,一般枠と特別枠で2回受験ができるということですか?

=========================================
現在,神戸市のサイトでは公表されておりませんが,一般枠と特別枠の併願はできません.

先日の採用説明会に参加した受講生からの生情報です.

=========================================
  <質問>
官庁公開フェスティバルは,複数行った方が良いんでしょうか?

=========================================
これについては,自分が関心がある官庁には積極的に参加すればいいかと思いますが,この時期は筆記対策で大変でしょうから,無駄に時間を空費しないためにも,行き過ぎないように注意して下さい.

決して,参加したからといって,採用内定にプラスに働くものではないので,しっかりと勉強をしておくことも重要です.

国家一般職を希望する場合,人事院が主催する「官庁合同業務説明会」が,第一次合格発表後に実施されます

つまり,1次合格者のみが参加を許される最後の官庁見極め説明会が7月にありますので,焦る必要はないでしょう.

今回の「官庁公開フェスティバル」は日程が上手に組めるならば,希望上位は参加し,それ以外は優先順位をつけて複数参加すれば十分です.

あるいは敢えて,自分が現在,それほど関心がない官庁に行くこともおすすめ致します.

なぜならば,自分が知らないだけで当該官庁の魅力を知らないだけであることが往々にしてあるからです.

以前,ブログで紹介した「官庁公開フェスティバル2015」ですが,予約が本日3/3から開始されておりますので,まだ予約をしていない方は,明日の午前10時から予約を急いで下さい.

官庁公開フェスティバル2015 ( ←クリック)


いずれにしても,この時期,説明会が多く,すべてに参加できないですし,参加を優先して講義や自分の勉強時間を犠牲にすることは絶対にないようにして下さい.

受験生として,不安な点は痛いほどわかりますが,必要最低限で十分ですから,バランス感覚を重視して下さい.

以上,よろしくお願い申し上げます.

藤井拝(∵)/
=§=======================<Work Academy>==
 
ゼミバナー

  <販売中>
バナー

  <販売中>
バナー

=§===========================<必勝倶楽部>==

<質問⇒回答> 硝子の少年少女たちへ #3

2015.02.21 (Sat)
古今東西,いつの時代も受験生というものはガラスのハートの持ち主でしょう(かつて当方もガラスの少年と呼ばれておりました・・・).

受験生であるならば,汗かき,涙を流しながら,結果が出るその日まで戦い続ける日々を経験します(七転八倒,砂噛む想いをすることもあるでしょう).

日々,生講義,面接相談,進路相談をしている「現場の予備校講師」としての経験を「硝子の少年少女たちへ 」というシリーズで書かせていただきます.

ご質問への回答は,あくまで一予備校講師としての見解(個人的的見解)なので,その点ご考慮下さい(当方の予備校講師の経験則より,お答えさせていただきます).

=========================================
  <質問>
面接では地元が有利というのは本当ですか??
一部の自治体では,他府県からの採用がほとんどないという話を聞き不安になります・・・.

=========================================

この種の質問も公務員試験の世界では繰り返される「風物詩」のようなものとなります.

今まで,多くの内定者を見て参りましたが,そうした事実はないと考えます.

特に規模の小さな市町村・役場に関してこうした不安があるようですが,そもそもこうした点は心配しても意味をなさないので,周囲の「雑音」に振り回されないことが肝要です(どこの世界でも「事情通」は存在するので,軽く聞き流しておいて下さい).

大阪府の南河内地域に存在する「千早赤阪村」という大阪府唯一の村があります.

当時,当方がLECで相談を受け持っていた受講生(千早赤坂村出身者)が千早赤坂村で現在も勤務しておりますが,その年の内定者5名のうち,彼以外の4名が他府県からの内定者であったということです.

機関委任事務が廃止された分権化以後の自治体職員にとって,地元か否かという点以上に重要な要素があるということであると思います.

実際に「やる気」と「熱意」があれば,出身者以外でも十分に採用されるというケースが「例外として」ではなく,通常のように見受けられますので,安心して受験して下さい.

自治体名は出せませんが,某自治体での採用者名簿で出身者がずらりと並んでいたという目撃証言などが予備校でも流布されますが,当然,そうした事実はあり得るでしょう.

思うに,京都市であれ,大阪市,堺市であれ,神戸市であれ,地元の人間が多数受験するのは当然の帰結でしょう.

したがって,結果的に地元出身者が多くなるのは,何ら不自然なことではないので,冷静に判断するようにして下さい.

地元であれば,そうでない場合よりも多くの利点をもっていることも事実でしょうし,素朴な「郷土愛」は誰しも持ち合わせていることも事実でしょう.

しかし,そのことが採用試験として,「業務上の利点」になるほど,公務員試験は単調的な代物ではないことも事実なので,対策を練っておけば,問題ないと考えます.

規模の小さな市町村では,業務説明会等も開催されませんが,自治体研究等はいくらでも可能です.

市役所訪問が可能は自治体もありますし,資料室に足繁く通うこともできます.

また,HPの情報や国勢調査等の情報等から「自治体の特徴」を知ることは,ICT(情報通信技術)が普及したこの昨今,いくらでも可能となっております.

官庁・自治体研究の眼目は,「公官庁,自治体の特徴」を掴むことになります.

もちろん,過去の内定者の多くが,筆記試験が終わり,面接試験までの間に「まち歩き」をしてその土地の雰囲気や空気感,自分の目で実際にみた「その土地の特徴」を探していたことも付言しておきます.

直前期に入り,様々な情報が錯綜することかと思いますが,自分にとって,必要な「真の情報」は,ここまで勉強してきた真摯な受験生であれば,存外少ないでしょうから,「ハーメルンの笛吹き男」のお話のようには決してならないよう,前後を失うことなく,信念をもって第一志望を目指して下さい.

もちろん,併願戦略は面接時において,最重要項目となります.

以上,よろしくお願い申し上げます.

藤井拝(∵)/
=§=======================<Work Academy>==
 
ゼミバナー

  <販売中>
バナー

  <販売中>
バナー

=§===========================<必勝倶楽部>==

<質問⇒回答> 硝子の少年少女たちへ #2

2015.02.18 (Wed)
古今東西,いつの時代も受験生というものはガラスのハートの持ち主でしょう(かつて当方もガラスの少年と呼ばれておりました・・・).

受験生であるならば,汗かき,涙を流しながら,結果が出るその日まで戦い続ける日々を経験します(七転八倒,砂噛む想いをすることもあるでしょう).

日々,生講義,面接相談,進路相談をしている「現場の予備校講師」としての経験を「硝子の少年少女たちへ 」というシリーズで書かせていただきます.

ご質問への回答は,あくまで一予備校講師としての見解(個人的的見解)なので,その点ご考慮下さい(当方の予備校講師の経験則より,お答えさせていただきます).

=========================================
  <質問>
今現在でも,明確な志望動機がありません.面接対策は何から始めるべきですか?

=========================================

2月中旬も過ぎて,志望動機が特にないとなると,深刻になる方もいるでしょう.

最近,当方も日曜日以外は講義を毎日しておりますが,エントリーシートの添削を求められる時期になってきましたので,焦る気持ちもわかります.

面接対策ですが,具体的にESを書いていく必要がありますが,早い人であれば,昨年段階から書き出している人がいることも事実です.

しかし,こうしたケースは稀なケースですし,本格的に書き出すのは皆,これからですから,今回のお悩みは実はそれほど深刻な悩みではありません.

今までの経験上,6月の試験に対し,筆記に時間がとられ4月からでも面接対策が間に合った事例は普通にあるので,極度の心配は不要です.

しかし,志望動機がないことはやはり問題であることも事実です.

なぜなら,誰しもに与えられ,皆さんが公務員になりたいと伝えることができる最大のチャンスが「志望動機」だからです.

志望動機とは,要は「やりたい業務」を書く場所です.

「やりたい業務」がなく,ただ地元に対する熱意や公務員に対する憧れをどんなに綴っても,印象に残らないでしょう.

警察官,消防官になりたい受験生が業務内容を無視して,警察官や消防官になりたい理由を書いても,他の受験生とは差がつかないでしょう.

面接では,どのように「プラスの印象」を残して帰ってくるかが勝負だからです.

警察官や消防官を受験する者は皆,警察官や消防官になりたいから受験しているので,当然の理由を書いても,似たり寄ったりのESとなるだけということです.

額面通り,志望公官庁を志望する動機を「やりたい業務」を抜きにして記入しても,意味をなさないので,最低限の官庁研究や自治体研究は必要です.

思うに,当初から「公に対する関心」があることの方が稀な訳ですから,やりたい業務,分野が明確に定まっていない人については,まず自分の興味のある分野を探したり,これまで,あるいは現在取り組んでいる「自分の経験」から繋げて話せるネタを探すことから始めて下さい.

志望動機は決して,自然に浮かび上がってくるものではないでしょう.

したがって,常に頭の隅っこに意識をしておき,日々のニュースや社会事象を見る際も,ネタを探し続ける努力が必要と考えます.

具体的には説明会に参加したり,公官庁のサイトを調べることは最低限のことでしょう.

例えば,

 こども・青少年の生きる力の育成
 安心してこどもを生み,育てられるよう支援する仕組みの充実
 児童虐待対策の充実
 保育の充実
 低炭素社会の構築
 エネルギー施策の推進と経済活性化
 環境意識の向上
 持続可能な循環型都市の構築
 住民との協働
 危機管理体制の整備・強化
 自助・共助・公助による防災・減災の推進
 地域防災力の向上
 学校教育の質の向上
 生涯学習の支援
 子どもの自立に必要な力の育成
 都市魅力の創造・発信
 ビジネス創出につながる環境や人材育成
 地域の実情に応じた大都市制度の構築
 中小企業のビジネスチャンス獲得による活力創出
 中小企業の経営力強化や成長の支援
 食の安全性の確保
 市民の健康の保持・増進
 都市基盤施設の機能維持
 地域コミュニティの形成
 女性の活躍促進
 消費者被害の防止
 国際競争力の強化
 交通ネットワークの充実・強化
 観光振興
 芸術・文化,スポーツの振興
 商店街・小売市場の活性化
 定住・移住の促進
 児童の学力の向上
 障害者のコミュニケーション支援の促進
 ICTを活用した市民サービスの向上 
     ・
     ・
     ・


 とにかく,自分の関心領域を抜き出すことはしておいて下さい(できれば複数).

一般に,志望動機については,政策領域を調べることを皆さん,理解されておりますが,自己PRなどの自己分析も官庁研究や自治体研究とセットになっていないと効果が薄くなりますので,まずは「やりたい業務」を早期に検討して下さい.

人間性を評価するといえども,「業務遂行能力」が前提となると考えられるからです.

最終的に地域住民や国民生活をより改善するために貢献したい点を考え,それをやり抜くことを相手に信用してもらえるような「過去の経験」を熱意をもって面接で話せるように対策を講じる必要があるでしょう.

以上,よろしくお願い申し上げます.

藤井拝(∵)/
=§=======================<Work Academy>==
  <販売中>
バナー

  <販売中>
バナー

=§===========================<必勝倶楽部>==
 | HOME |  Next »